オール電化 電気代

北海道でのオール電化電気代節約方法

オール電化電気代は、オール電化住宅を検討している方にとってっはとても重要なポイントです。特に北海道のように冬の寒さが厳しい地方では、オール電化での暖房代はやはり不安ですよね。オール電化住宅では、電気代や安い夜間に熱を貯蓄しておく事により、北海道のように終日暖房が必要なエリアでも電気代にショックを受けることなく快適な生活を送ることが可能です。夜間には電気代が5分の1にも安くなる制度を上手に活用した節約方法ですね。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

暖かい東海地方でのオール電化住宅情報

オール電化電気代の節約方法は、お住まいの地域によって少しずつ変わってきます。

例えば北海道と比べて日照時間が格段に長い東海地方などでは、電気代の安い夜間に集中して熱を貯蓄する方法以外にも、ソーラー発電やエコキュートなども人気がありますね。

東海地方では最近、ソーラー発電機やエコキュートなどを予め設置した住宅なども人気があるようです。

FRグループは「電気代ゼロ円キャンペーン(http://web.fp-group.gr.jp/shizuoka/campaign/index.htm)」を行っていて、光熱費がゼロになる魅力に注文が殺到しているとか。

また、火災の心配がないという利点もあり、分譲マンションなどでもオール電化が取り入れられています。

オール電化住宅に住んでいる方の中には、個人のサイト内で電気代を公開してくれている人もいるのでチェックしたいですね。

それまでにかかっていたガスや灯油代を含む光熱費と、オール電化にしてからの電気代を比較すると、ほとんどの場合では最低でも光熱費が50%近く節約できている事がわかります。

防災効果もあり、節約効果もあり、そして地球にも優しいオール電化は、これからもますます普及していくと予想されます。

オール電化住宅には、少しですがデメリットもあります。

例えば、暖房もエコキュートなどで電化タイプにする場合には、夜間に熱を蓄積しておく暖房機が別途必要になります。

この暖房機、結構な大きさなのですよね・・・。

また、オール電化住宅では初期投資が結構な額になりますから、初期費用を回収するためには、その住宅に長く住んでいればいるほど回収率、そして節約率も大きくなります。

転勤族のように数年毎に引越しをしなければいけない過程では、オール電化のメリットを味わえることも少ないかもしれませんね。

オール電化の料金システムは北海道電力、東北電力、東京電力・・・など電力会社の管轄ごとに微妙に違います。

お住まいの地域のオール電化住宅で公開されている電気代などを参考にしながらオール電化を進めていくことが大切かもしれませんね。