バイク 車庫

バイク車庫のおすすめはガレージ

バイカーにとって、バイクそのもの以外にネックになってくるのが車庫をどう確保するか、ではないでしょうか。バイクの理想的な駐車場を考えると、やはりおすすめはガレージの利用。ここ最近はバイクにかぎらずあらゆる場面においてセキュリティが重要視されていますから、防犯性やサビ防止をはじめ、どんな天候にも耐えうる安全性(転倒防止)、さらにガレージ内で整備ができたり道具が保管できる快適な広さといったポイントとして押さえておきたいですね。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

バイク車庫を自作orレンタルする場合

現在、駐車場を持っていたり自宅にスペースがあったりする場合はそこに車庫を置くのはいかがでしょうか。

もしコスト面が気になるようであれば、思い切って自作するのもひとつの手です。

今はDIYブームの甲斐もあって、ホームセンターなどには材料、道具などあらゆるアイテムがバラエティ豊かに揃っているはずですし、なんといってもコンテナをレンタルするよりも比較的お値打ちになると思います。

もちろん、自作なのでバイクの車庫とはいってもそれなりの大きさはあるわけですから、それなりの労力と時間は覚悟しなければいけませんが、愛車のため、快適なバイクライフを楽しむためにもぜひがんばってください。

なお、自作をする上で注意しなければいけないのは、安全性の確保です。

この安全性は製作過程、また実際に使う際にもいえることですが、製作過程であれば塗料や溶接など体への危険がいくつも潜んでいるわけですし、常に外気にさらされる場所に置くものですから温度や湿度、風雨など四季を見越したあらゆる状況からバイクを守る素材を選ばなければバイクの劣化を招きかねないのです。

また、レンタルする方法もいいでしょう。

レンタルにも大きく分けて2通りのシステムがあり、コンテナそのものを自分の駐車場や自宅スペースに設置するシステムと、あらかじめ設置された場所のコンテナをレンタルするシステムです。

気になる料金は設置エリアやサイズ、設備の充実度、そしてレンタル期間などレンタル会社によって差があるので、入念に比較・検討をして選ぶ必要があります。

レンタル会社によってサービスの内容もさまざまです。

期間が2週間程度の短期間からレンタルできたり、セコム防犯カメラや防犯警報ブザーを完備するなどセキュリティ対策が万全だったり、さらに出し入れがしやすいよう格納タイプのスロープが付いていたり…。

自分に何が必要か、また何を重要視するかなどをピックアップした上で探すとより探しやすいかもしれませんね。