美容師 免許

美容師免許の取得ガイド

美容師の免許を取得するには、美容師の国家試験に合格しなければいけません。専門学校などに通って美容師としての知識やテクニックを勉強する方法が一般的ですが、中には通信制の美容師専門学校などもあったりするので、通学できない場合には、そういった方法を利用する事もできます。厚生大臣管轄の美容師国家試験に合格したら、美容師の免許申請を行い、国の美容師名簿に登載して初めて、美容師として活動をすることが可能になります。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

美容師免許と法律

法律上、美容師免許を持っていると、パーマネントやヘアアレンジ、化粧など「美容」に関する施術を行う事が可能です。

近年では、プロのような美容術が私達の間に広く浸透しているため、まつ毛エクステなどは、自分でトライする人も増えています。

自分では不器用でなかなか上手にまつ毛エクステができない・・・という場合に便利なのが、まつ毛エクステをしてくれるサロン。

実はまつ毛エクステのサロンを開業するためには、法律では美容師の免許が必要なのだそうです。ご存知でしたか?

近年ものすごい勢いで増え続けているまつげエクステサロン。

美容院での付加サービスとしてまつげエクステをしてくれる場合には、それほど問題ありません。

しかし、中には素人が開業しているまつ毛エクステ専門のサロンもありますよね。

素人による慣れない施術によって、接着剤が目に入って痛みが凄く、病院にいく羽目になった・・・と消費者センターなどにクレームが急増中なのだそうです。

そういったいきさつがあり、これから開業するまつ毛エクステサロンには、美容師の免許が必要という法律ができたのだそうです。

現在すでに営業しているまつ毛エクステのサロンは、違法という扱いになるわけではなく、美容師を雇用するようにアドバイスされるようです。

まつ毛エクステだけでなく、例えば他人に着付けをしたりお化粧をしたりの「美容業」を営むためには美容師の免許が必要です。

フリーのメーキャップアーティストなども全て美容師の免許がなければ、仕事として金銭を受け取る事ができないと法律でも定められています。

日本で着物を着る人口が最も増える成人式の日に、美容院がヘアアレンジだけでなく、化粧や着付けなどでも大忙しになるには、そういう法律的な理由があったわけですね。

美容大国ニッポンでは、もしかしたら美容師の免許は持っているだけでもかなり有利な免許といえるのではないでしょうか。

仕事柄、美容師の免許が必要な場合には、通信教育などを利用して国家試験に合格するのも賢い方法かもしれませんね。