キャンピングガス

キャンピングガスの専用カートリッジガスボンベ

キャンピングガス(Campingaz)は、フランスの燃料器具メーカーで、1949年に3人のガスエンジニアによって設立されました。ストーブ(コンロ)やランタン、冷蔵庫などが主力商品で、それに付属する専用カートリッジガスボンベも製造しています。現在は、アメリカのアウトドア用品メーカー、 コールマンの系列会社です。コールマンは1996年9月よりキャンピングガス製品の日本での総発売元となっていますので、日本で購入する際は、コールマンを通じて行います。フレンチブルーの缶がトレードマークで、そのおしゃれな色使いやデザイン性が強い人気となっています。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

キャンピングガスのランタン

キャンピングガスのランタンなどに使用できる携帯カートリッジガスボンベは、バルブの付いたCV250のタイプと、頭がツルツルでのCV200のタイプがあります。

CV200は本体にこのボンベを差し込むと、本体側の突起がボンベの頭に穴を開ける形式であるため、一度本体にボンベを挿したら、ガスを使い切るまでボンベを外せません。

プリムス、EPI、コールマン、キャプテンスタッグ、スノーピークなどの他社のガスボンベは互換性があるのに対し、キャンピングガスだけは互換性がないことなどから、アウトドアショップでの取り扱いが減っており、総発売元のコールマンでも取り扱いが中止となりました。

それでも、キャンピングガス製品を使用したい場合には、一般的なカセットコンロ用のガスボンベからガスを詰め替えるアダプターが販売されています。

下記のページや、オークションなどで手に入れることが出来ます。

(http://www.alva.ne.jp/)

液化石油ガスボンベは温度で容器内圧力が大きく変化しますので、その内圧差を利用して液化ガスを移動させる仕組みです。

詰め替えに際しては自己責任になりますが、空のボンベを用意し、詰め替え時には、冷蔵庫でガスカートリッジをよく冷やします。

キャンピングガスのランタンのうち、キャンピングガス ルモスターC270PZ(Model 100015)については、ガラスグローブ(またはホヤ)が確実に取り付けられていないと本体が不完全燃焼により異常過熱し、ガスもれやカートリッジ(容器)の破裂の原因となりますので、注意が必要です。

取り付け例は下記のページで確認することが出来ます。

(http://www.coleman.co.jp/after_service/caution/attention/203536_100015.html)

その他のキャンピングガスの商品として、キャンプ用の冷蔵庫CTL-175があります。

自動車電源(12V)、AC(100V)、キャンプ用ガスの3つの方法で冷却する事が可能なもので、持ち運びに大変便利です。