クレーン 免許

クレーン免許の種類ガイド

クレーン免許には、移動式クレーン運転士の免許、クレーンとデリックの両方を操作することができるクレーン・デリック免許、デリック操作を行う事ができるデリック運転士などに分類する事ができます。クレーン・デリック免許のなかでも、クレーンのみに限定された免許、床上運転式に限定された免許、そういった限定のない免許などに分離する事ができます。クレーン免許は、現在では一度取得すれば永年有効で、有効期限はありません。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

クレーン免許の取得

クレーンを操作するためには、クレーンが吊り上げる荷重に応じて必要な資格や免許が異なります。

クレーン運転免許を持っていれば荷重制限なくクレーン操作を行う事ができますが、玉掛作業をする場合には、クレーン免許以外に玉掛け業務についての特別講習を受講しなければいけません。

クレーン免許を取得するためには、運転免許をすでに取得している人が、クレーン操作のための学科試験と実技試験の両方に合格して初めて免許を取得する事ができます。

普通免許を取得するプロセスでは、学科試験に合格してから実技試験に合格しなければいけませんが、クレーン操作では学科と実技の順番はありません。

つまり、学科試験に合格してから実技教習を行っても良いですし、実技教習を終了してから学科試験を行っても良いというわけです。

ただ、学科試験に合格してから1年以内に実技講習を受けなければいけないなどの期限はありますから、時間がかかりそうな場合には注意が必要ですね。

クレーン免許の取得は、どこの運転免許センターでも受験できるというわけではなく、労働局長が指定した免許センターで学科試験や実技講習を受けなければいけません。

クレーン免許を取り扱っている運転免許センターを調べるためには、教習所検索サイト(http://www.driver-license.jp/search.php?k=11)などを利用すると便利ですね。

クレーン免許は仕事の必要性から免許取得にセンター通いをする場合がほとんどなので、職場の近くで見つける人が多いようです。

仕事の合間に学科や実技の講習を受けることができるので便利ですね。

クレーン免許を合宿免許のように短期間で集中的に取得する事も可能です。

栃木県にある那須クレーン教習所では、女性プランや個室プランなどがあったりして、女性クレーンオペレータを目指す方でも安心してクレーン免許の合宿に挑む事ができます。

那須クレーン教習所のような合宿タイプの教習所は全国にもいろいろあります。ぜひチェックしてはいかがでしょうか?