布団 ダニ

布団のダニ対策法

やはり一番ダニが繁殖してしまうのは布団。布団には人の皮膚などの老廃物があり適度な温度と湿度が得られる為、ダニの繁殖には格好の場所となります。ダニの繁殖を予防する対策として天気の良い日に頻繁に天日干しをすることが一般的に言われていますが、ダニは日の当たらない内側に逃げてしまうため効果がないとも言われます。ただ布団の湿度を下げる効果はありますので、天気のいい日は布団をなるべく干すことは重要です。また布団たたきでアレルギー源となるダニの死骸やフンを落とす方法も一般的ですが、それでは布団の中綿を痛めるだけでなくダニの死骸やフンを表面に出してしまうだけになる可能性もあると言われています。まずダニの予防としては、換気をこまめにして家の中の湿気を追い出します。やはり当然ですが、こまめに家の中を掃除し、掃除機をかけることは重要です。また、最近では性能が高い防ダニ布団カバーや防ダニ布団、除湿マットなどもありますので利用してみると効果的でしょう。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

布団のダニ退治法

防ダニ布団カバーや防ダニ布団ではなく、今使っている布団のダニを退治する方法にはどんな方法があるでしょう。

・天日干しの効果的な方法

まず、天日干しの際に黒い布をかける、黒ビニール袋に入れるなどをして光の吸収を高めます。

ただやはりこの方法でもせいぜい表面温度で約50℃、内部温度は30℃程度と言われています。

ダニは約50℃以上にならないと死なないと言われていますので、これでは布団一枚に一般的に数十万匹いるといわれているダニを死滅させることはできません。

またダニの死骸やフンに対しては何の意味もなさない為、干し終わった後に両面を掃除機にかけることが必須です。

もしもダニ専用のノズルがあれば効果的ですがない場合は片方の手で布団をたたきもう片方の手で掃除機をかけましょう。

・天日干しより乾燥機!

天日干しよりも乾燥機があればさらに効果的です。家庭用乾燥機にかけ湿度を下げ、ダニを撃退します。

布団乾燥機を利用するなら挟み込むタイプのものより布団を入れ込むタイプの方が効果があります。

乾燥機にかけたら天日干しの後と同じように必ず掃除機を丁寧にかけましょう。

・布団を押入れに入れているなら?

押入れの換気も必須です。「すのこ」などを用いて、風通しをよくすることが大切。なければダンボールで代用もできますがやはり「すのこ」の方が効果はあります。また乾燥剤なども入れておきましょう。

・性能の良い掃除機を選ぼう

やはり苦労して掃除をしてもそこまでダニ退治ができないことが現状。

パワーノズル付の掃除機を利用することでダニは確実に減少します。

ただローラー式の「ふとん専用ノズル」ではあまり効果がないと言われています。

かけ方としてはきちんと端から端まで両面かけること。

NHKの『ためしてガッテン』では、1平方あたり20秒以上かけるのが良いと言われていました。

ただ通常の掃除機でも多少数は減らすことができますので専用の掃除機やノズルがなくてもこまめに掃除機をかけることが大切です。

どんなに掃除をきちんとしていてもダニはかならずどの家にもいるもの。ダニは人間と同じ環境を好み生息しています。

ダニの適温は約20℃〜30℃。約50℃以上が20分続くとほぼ死滅します。

湿度は70%以上で、75%以上だと活発に行動します。50%以下になるとほぼ死滅します。

ダニの生態をよく理解し、ダニを減らすことを心がけましょう。

とにかくこまめに掃除機をかけることが大切です。布団はダニの巣ですので布団を乾燥させることも心がけましょう。