自費出版 出版社

自費出版で写真集も出せる

自費出版は、自分史、写真集、絵本、詩集、歌集、句集、小説集、エッセイ集などを個人で作りたい方に人気の出版方法です。費用は出版物の形態によっても異なりますが、もっとも大きく関係するのが、「書店で本を流通させる営業活動をお願いするかどうか」という点です。誰のために作るのか、読者は誰なのかということを明確にして、家族や親戚に見せ、自分でとっておきたいものなのか、サークルの仲間に見せたいのか、あるいは、一般にも見せたいのかによって、部数や出版社にお願いする販売形式を考える必要があります。インターネットで自動見積もりができるページもあります。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

格安自費出版の出版社

自費出版の出版社は数多くあります。

自費出版専門の出版社や、PHPパブリッシングのように大手出版社のグループ会社もあります。

一般の書籍事業の顧客は本を購入する読者であるのに対し、自費出版の顧客は、著者自身になります。

自費出版の出版社は本を売ることで利益を得るというよりは、著者に出してもらう制作費用で利益を得ていますので、全国の書店に流通させるための営業活動を行ってくれると言っても、限度があります。

協力出版と呼ばれる営業活動込みの自費出版サービスの中には、営業活動について誇大に説明し、高い制作費用を取った上で、殆ど活動をしないままであるような出版社のトラブルも多いので、自費出版で利益を出そう、作家としてデビューしよう、という期待はあまり持たないほうがよいかもしれません。

個人的な記念として小部数を作りたい、お世話になった方たちに配りたい、などの目的の場合、自費出版で本を作ることはとても楽しいことです。

料金体系が明確で、インターネットで自動見積もりができるサイトとして、

「お手軽出版ドットコム」

(http://www.otegarushuppan.com/mitsumori/)

「アピアランス工房」

(http://apiarance.web5.jp/studio/calc.htm)

などが上げられます。

料金体系が明確な分、格安料金で安心です。

少ない部数でも印刷・製本が出来る「オンデマンド」という出版方式もあります。オンデマンド出版とは、DTP(デスクトップパブリッシング)により印刷原稿を作成し、版を作らずに、オフセット印刷ではなく高速プリンターで出力して一冊ごとに製本する出版システムです。

従来の印刷のように大量部数を作る必要がなく、在庫を持つこともありません。

凸版印刷とトーハンのジョイントベンチャー「万能書店」

(http://www.d-pub.co.jp/jihi/index.html)

自動見積もりを行ってくれる「風景社」

(http://www.longview.jp/nk_mbestimation_home.htm)

などがあります。