神奈川中央バス

神奈川中央バス路線

神奈川県を広く網羅している神奈川中央バスは、東京都の多摩や町田エリアなども網羅していて、日本の中では最大級のバス会社として知られています。神奈川中央バスの下にそれぞれ細かいエリアをカバーしている系列バス会社が運行していますが、横浜、湘南、相模、藤沢、などを地域住民の足となって細かいエリアをしっかりと走っています。羽田や成田まで伸びている空港バスもあれば、京都や大阪などと24時間体制で結んでいるバス路線などもあり、充実した運行路線です。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

神奈川中央バスの運賃と利用ガイド

神奈川中央バスは、一般的な路線バスだけでなく、空港バスや高速バス、そして急いで移動したい方のための深夜急行バスなど、さまざまな種類のバスが運行されています。

神奈川県を中心に主要各地をカバーしている神奈川中央バスだからこそ、観光やビジネス、通勤などで利用するにもとても便利です。

観光で利用する場合には、1000円で販売されている一日フリー乗車券を購入したほうが、通常運賃を支払うよりもお得なようです。

バス運賃って安いようで意外とかさばる経費ですから、乗り放題券を購入するのが観光には賢い方法といえるでしょう。

また、宮ヶ瀬ダムや大山・丹沢などを観光したい方には、小田急電鉄と神奈川中央バスの運賃が一つにまとまって乗り放題になっているフリーパスがお得です。

神奈川中央バスを通勤で利用する方は、やはり定期券やバスカードが便利です。

神奈川中央バスには学生に限定されたTwo Way Passや本人しか使えない持参人定期券、そしてシニアのための“かなちゃん手形”など、いろいろな種類の定期券が揃っています。

払い戻しなどのシステムも明朗で、手数料200円〜500円がかかるだけなのでお得です。

神奈川中央バスの時刻表をチェックするなら、やはり公式サイト(http://dia.kanachu.jp/bus/viewtop)が便利です。

路線バスはとても多く走っているので、時刻表を確認してもしなくても待ち時間が少ない路線もあるようです。

また、首都圏に通勤する人が通勤に多く利用する神奈川中央バスでは、JR各駅の最終電車の時刻に合わせてバス発車時刻が決定されています。嬉しいサービスですよね。

JR新宿駅の最終電車に間に合えば、新宿駅からは午前1時10分発の神奈川中央バスが出ています。

遅くまで残業をするときには覚えておくと役に立ちますね。

神奈川中央バスを利用する際には、空港バスや高速バスなどは、ネットでの空席照会や予約が可能で、とても便利です。

高速バスなどの多くは、実際に特的の駅に足を運ばなければチケットが購入できない場合も多いので、ネット予約で自宅から手軽に予約できるシステムは、とても利用価値が高いといえるでしょう。