幼児 ゲーム

幼児ゲームでの学習ガイド

最近の幼児は、学習方法もゲームを使った方法を取り入れていたりして、楽しみながらゲーム感覚で学習をすることができます。就学前の幼児に必要な「数」「ことば」はもちろん、考える力を養うようなゲームもあるというのですから、小さな子供を持つ親としては興味津々ですよね〜。幼児ゲームには、セガのようなゲーム機を使ったゲームもあれば、オンラインで無料で気軽に楽しむ事ができるゲームもあり、多種多様なのが特徴です。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

幼児ゲームの種類

幼児ゲームは、有料のゲームと無料で楽しめるゲームとに分類されます。

ゲームという学習形態は多くの幼児にとって魅力的ですが、どれだけ子供がゲームを使って学習できるのか判断するために、まずは無料ゲームからトライする事をお勧めします。

無料で楽しめる幼児ゲームには、「のびのび知育あそびらんど(http://www.okochama.jp/game/asobirando/)」「おこちゃま保育園(http://www.okochama.jp/game/hoikuen/)」「おこちゃま幼稚園(http://www.okochama.jp/game/youtien/)」などがあげられます。

どれもカラフルで、楽しいナレーションなどもついているので、幼児にとってはまるで遊園地で遊んでいるような気分になる事は請け合いですね。

日本語サイトではありませんが、世界が誇るディズニーにも無料の幼児ゲームサイト(http://atv.disney.go.com/playhouse/mickeymouseclubhouse/index.html)があります。

幼児の頃から英語教育を始めたい方にとっては、とても有意義なゲームサイトといえるでしょう。

幼児がゲームという学習媒体の虜になって、よく学習するような習慣がついたら、有料の幼児用学習ゲームを買い与えても良いかもしれませんね。

パソコン用の幼児ゲームもありますし、セガやDSなどの媒体を使って楽しむことができる幼児ゲームも充実しています。

例えば、ニンテンドーDSでは「カードで遊ぶ!初めてのDS」が販売されています。

幼児はカードを目で確認しながら、耳を使って音も確認し、目と耳の両方で学習する事ができるというわけです。

学研なども幼児を対象にした能力開発プラスシリーズというゲームを取り扱っていますし、幼児の頃に「考える力」をつけるための、いろいろなゲームがありますから、子供の好き嫌いや、伸ばしたい能力などを参考にしながらゲームを選ぶと良いかもしれませんね。

幼児ゲームにはいろいろなタイプのゲームがあり、どれも興味深いラインナップです。私が子供の頃にはそんな楽しい学習方法はありませんでしたから、なんとも羨ましい限りですね。

が、学習できるとはいえ、ゲームはゲームですから、一日のゲーム時間のリミットをしっかりと決めルことも大切です。

ゲームだけに頼らない総合的な学習能力をつけるようにしましょう。