ケーズ電気

ケーズデンキの札幌への出店

ケーズデンキの札幌進出は、北海道地方と東北地方を主な営業基盤とする家電量販店のチェーンストアであるデンコードーを子会社として行われました。ヤマダ電機やコジマとともに札幌市西区に出店していたデンコードーSUPER琴似店をケーズデンキ琴似パワフル館に改装。その後、札幌麻生店(売場面積6705平方メートル)を2008年11月に新規オープンさせて、琴似店は閉店となりました。札幌東苗穂本店も3階建て、延べ面積1万1932平方メートルという大きな規模でオープンの予定です。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

立川・岡山の新規オープン店

ケーズデンキは、茨城県の家電量販チェーンです。

ポイント制をとる家電量販チェーンが多い中で、現金値引きサービスを売りにしています。

ポイントカードの代わりに「あんしんパスポート」という会員カードを発行しており、会員限定の現金値引や、商品の無料保証を行っています。

無料保証は、購入金額により期間が3年、5年、10年となっています。

「あんしんパスポート」には購入履歴が登録されるため、購入商品にリコールがあった場合にはケーズデンキから連絡をするサービスや、過去の消耗品の購入履歴検索サービスなども行っています。

全国に300店舗を展開しており、店舗展開の方法としては、地元の中堅家電量販チェーンとフランチャイズを行う業務提携契約を結んだり、その企業を子会社していくことで効率的な店舗拡大を行っています。

現在、子会社9社、関連会社(持分法適用)1社、同社のフランチャイズ加盟5社でケーズデンキグループを形成しています。

2008年7月には、子会社の株式会社ビッグ・エスが、ケーズデンキ岡山大安寺本店をオープンしています。

3階建て、延べ床面積13,192平方メートル、売り場面積は6,700平方メールと、中国地方のケーズデンキ最大の規模となっています。

株式会社ビッグ・エスは、香川県高松市の会社で、香川県、徳島県、愛媛県、兵庫県に直営13店を出店しています。

2008年12月には立川本店(店舗面積4,475平方メートル)がオープン。

立川には立川駅前にビックカメラ立川店があり、低価格競争を行っています。

どちらも営業時間は午前10時から午後9時までです。

ケーズデンキでは、店舗とは別に、インターネットでも商品が購入できます。

価格や品揃えは、店舗とは別の体系となっており、インターネット特価も用意されています。

10,000円以上の購入で送料が無料となります。

ケーズデンキのホームページでは、各店舗の営業時間や、現在配布されているチラシなども確認することが出来ます。