ノンアルコール ワイン

ノンアルコールワインの定義

ノンアルコールワインには、アルコールが入っていないワインというネーミングから想像できる通り、アルコールが入っていません。清涼飲料水として販売されていますが、中には微量のアルコールが入っている場合もあるので、人によっては大量に楽しむとよってしまう場合もあるようです。ノンアルコールワインには2種類の製造方法があり、アルコールを生成しないタイプと、アルコールを取り除くタイプとがあります。未成年でも飲めるワインとして、家族でのパーティなどにも最適ですね。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

ノンアルコールワインの種類

ノンアルコールワインを製造販売しているメーカーはたくさんありますが、中でもアリエルはとても知名度が高く、また人気も高いノンアルコールワインとして知られています。

ノンアルコールワインなのに、赤ワイン・白ワインなど、かなり本格的なラインナップを誇るアリエルは、アメリカ生まれのメーカーで、北カリフォルニアのワインで有名なナパ地方に本社を構えています。

ノンアルコールワイン分野では世界でナンバーワンのシェアを誇るほどなのだとか。

アリエルのノンアルコールワインを購入するためには、ちょっと充実した酒屋さんなどでも置いてある場合があるかもしれません。

デパートや百貨店などの地下食料品売り場などでは、アリエルのノンアルコールワインに出会える確立もかなり高いといえるでしょう。

もちろん、アメリカにあるアリエルの公式サイトから直接ゲットする事も可能です。

しかし、関税や送料などが頭痛の種になる可能性も高いので、もしかしたら個人輸入をしているネットショップなどから購入するほうが楽かもしれませんね。

その他にも、アルコールを取り除く手法で製造されたFreというノンアルコールワインも大人気です。

Freブランドも赤ワインや白ワインなどの基本的な種類は抑えていますが、カジュアルなデザートワインなども豊富なラインナップで、アリエルよりもカジュアルで幅広く楽しめるといった感じがします。

年末年始などにはアルコールを飲む機会も増えますが、家庭でのパーティ、幅広い年齢層が集まるパーティなどで、ノンアルコールワインは大活躍しています。

飲酒運転の心配もなくワインが楽しめる贅沢さ、そして子供も少し大人になった気分で味わう事ができるノンアルコールワインは、スーパーや酒屋などでも手軽に販売されています。

ノンアルコールワインに炭酸成分を混ぜてスパークリングタイプのノンアルコールワインも人気があります。

私もワインよりもシャンパン系のほうが好きです。

炭酸飲料水を飲んでいるような感覚で楽しめるので、ワインが苦手な方にもお勧めです。