れんげ 化粧水

れんげ化粧水の販売店

75年以上の歴史を持ち、口コミによって世代を超え、多くの女性に愛用されている美肌水『れんげ化粧水』は、れんげ研究所の商品です。れんげのマークが特徴的な手のひらサイズ1本840円(140ml入り)のれんげ化粧水は、店頭やインターネット通販で購入することができます。東京での取扱店は大田区雪谷大塚のれんげ研究所、有楽町の東京交通会館B1、そして中野ブロードウェイ2階のロータスです。福岡では天神の大賀薬局で店頭販売されています。通販では『いいところ.ねっ!と』のほか、楽天市場の店舗で販売されています。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

れんげ化粧水の効果と口コミ

れんげ化粧水は、れんげ研究所の現社長の母親が大正初期に開発したものです。

その手作りの化粧水が口コミで評判となり、1953年に商品化されました。

大きな広告展開もなく口コミで広がったれんげ化粧水の愛用者は、時代が変わっても後を絶ちません。

れんげ化粧水は商品名こそ「れんげ」と名付けられていますが、れんげは使用されていません。

「れんげ」という名前の由来は、泥の池に凛ときれいな蓮華の花が咲くような美しさを願った創業者によってつけられたものです。

れんげ化粧水の主成分はクエン酸、天然のビタミンCやEが豊富に含まれる生レモンから抽出された精製液です。

そのほか、素肌の美しさが保持促進されるよう油脂類が効果的に配合されています。

香料と着色料は無添加で、防腐剤の使用も最小限に抑えられているため、使用期限は製造後約3ヶ月となっています。

れんげ化粧水は洗顔、基礎化粧品として使用することができ、1本でスキンケアを完了させることができるという特徴があります。

また、れんげ化粧水が通常の化粧水と異なる点として、「Ph3以下」という強酸性の特徴があります。

インターネット上の口コミ情報を調べてみると、肌質との相性について留意する必要があるという声が見受けられます。

使用する上では他の化粧品や石鹸などとの併用を避ける、粉おしろいを使用する、油性の化粧品はできるだけ使用しないなど、気をつけなければならない点もいくつかあります。

長年のベストセラー商品というだけのことはあり、れんげ化粧水が肌に合う人は毛穴、角質ケア、潤い、美白、くすみなどに対する効果があるということで、リピーターも多くいます。

美容液と併用する、クレンジングを使う、自分の肌の調子に合わせて定期的に使うなど、自分のライフスタイルに合わせて試行錯誤しながら使用している人もいます。

個人差はありますが、総じて混合肌、乾燥肌の人には特に好意的に受け入れられる商品となっています。