債権 差押

債権差押の対象

税金やローンの支払などを滞納した際、督促や催告により納税の履行やローンの督促をしても債務者が納めない時に、債務者は、法に基づき債権差押という処遇を受けることになります。債権差押とはどういったものかというと、債務者が第三者に対して自分の有する金銭の支払いや動産の引渡しを目的とする債権を差し押さえることで、債権執行とも呼ばれます。差し押さえの対象となるのは、預金、売掛金、給料や貸金庫の内容物の引渡請求権などがあります。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

不動産の差押

債権差押にはいろいろなケースがありますが、ここではマンションや住宅をローンで購入し、ローンが払えなくなった場合の債権差押についてお話します。

マンション・戸建住宅などを購入した後、諸事情により住宅ローンの返済が困難となり、返済が滞ってしまうというのはわりとよく聞く話ではないでしょうか。

ローンを滞納していると、ローンを組んだ金融機関からの支払いの督促状、催告書などが届きますが、それに応じずに放置しておくと、裁判所から「債権差押命令」という通知書が届きます。

「債権差押命令」が届いても尚支払の目処が立たない場合は、競売か任意売却をするしかなくなります。

競売は、担保として提供していた土地や建物などの不動産を債権者が裁判所に申し立てて競売物件に出すもので、不動産を最低売却価格以上の最高値で落札するシステム。

しかし、競売の場合、落札価格が一般の不動産の市場価格20%前後低い価格になることが多く、売却しても尚債権者への返済が不足した場合は不動産を処分されたにもかかわらず、ローンが残ってしまうことになり、支払い能力がない場合、結局自己破産に追いやられる羽目になることも多いそうです。

そこで任意売却という方法があります。

不動産の任意売却を行うには、不動産の所有者・連帯債務者・保証人が他の不動産を所有していない、対象となる不動産の所有者(債務者)また連帯債務者、連帯保証人に「返済能力がない」と証明できる、などの条件はありますが、債権者の同意を得られれば、競売で売るより高い価格で売却することができるのです。

競売決定通知が届いても迅速に対処すれば任意競売も可能のようですから、法律のプロや、任意売却を専門に扱っている業者さんなどを頼ってみてもよいでしょう。

不動産などの債権の差し押さえは、連帯債務者、連帯保証人に多大な迷惑が及びます。

くれぐれも、身の丈に合った返済計画を立てるようにしたいものですね。

 

不況こそ資格
好条件で就職&転職するなら将来有望な資格を!