差入保証金

差入保証金の意味

差入保証金は、勘定科目に使用する用語です。契約に基づいて一定期間サービスや権利の提供を受けるために支払う金銭のことです。例えば、建物を借りる際の保証金や敷金等や、一定期間の取引を継続したり、債務不履行の担保として契約に従い差し入れる営業保証金や輸入保証金などになります。差入保証金という勘定科目を使用する場合には、すべて契約期間の終了と同時に返却される金額となります。返却されない部分については、権利金という勘定科目を使い、繰延資産として扱っていきます。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

差入保証金の仕訳

差し入れた保証金の仕訳については、返還される部分については、差入保証金という勘定科目名で、貸借対照表>資産>固定資産>投資その他の資産に計上していきます。

保証金のうち償却されてしまう(返還されない)部分は、権利金の勘定科目を使い、税法上の「繰延資産」に該当します。

例えば、事務所の借りる際の礼金などがこれにあたります。

更新の際に支払う更新料も繰延資産となります。

契約内容によって償却期間が異なりますが、契約期間ないし5年で償却していきます。

ただし、20万円未満の場合は、支出時に全額損金処理することもできます。

繰延資産とは、支払った費用のなかで、将来の長い期間にわたって企業に利益をもたらすと考えられるものを指します。

次期以後の期間に配分して処理するため、経過的に貸借対照表の資産の部に記載し、利益をもたらした期間と考えられる期に、償却という形で費用化していきます。

繰延資産は、資産という名はついていますが、財産価値、換金価値がない、お金に換えることのできない資産となります。

以下、仕訳の例となります。

(例1)期首から事務所の賃貸契約を結び、敷金600,000円と礼金600,000円を現金で支払った。

支払時

(借方) 差入保証金 600,000 / (貸方) 現金 1,200,000

(借方)   権利金 600,000 / 

年度末

(借方) 権利金償却 120,000 / (貸方) 権利金 120,000

解約時(敷金のうち、300,000は原状回復費用として差し引かれ、300,000が手元に戻った場合)

(借方)    現金 300,000 / (貸方) 差入保証金 600,000

(借方)   修繕費 300,000 / 

(例2) 店舗の賃貸に際し、保証金3,000,000円を小切手で支払った。契約上、保証金償却として500,000円が設定されており、返還されないことが明記されている。

支払時

(借方) 差入保証金 2,500,000 / (貸方) 当座預金 3,000,000

(借方)    権利金 500,000 /