サイドカッター

サイドカッター(切削工具)の使い方

サイドカッターには、回転を与えて金属などを切削加工するフライス盤に取り付けて使う、切削工具としてのものと、ミシンのアタッチメントとして用意されている裁ち目かがり用の部品との2種類があります。切削工具のサイドカッターは、丸いノコギリ型の刃で、刃を押し付け金属などの表面を剥ぎ取るようにして削ることで溝などをつけるものです。使用の際は、金属の材質やサイドカッターの大きさ、削る深さなどによって、回転数や送りの速度を調整します。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

サイドカッター(ミシン)の使い方

多くのミシンには、ジグザグ縫いという縫い方が用意されています。

この縫い方で、布の裁ち目にそってかがるように縫うと、裁ち目のほつれが出てこない、裁ち目かがりという縫い方になります。

ただ、ミシンに慣れていない方ですと、裁ち目ぎりぎりに、目を落とさずにまっすぐ縫うことが難しい場合があります。

そのような方向けに開発されたのが、サイドカッターです。

サイドカッターは、普通の家庭用ミシンの押さえ金具の部分が布地をカットするようになっており、布端をカットしながら縫えるようになるというものです。

押さえ金具の部分を交換して取り付けるアタッチメントタイプのものと、ミシン本体にその部分が内蔵されている内蔵タイプとがあります。

アタッチメントタイプは、1000円台から販売されており、本体を購入する際にセットで付いてくる場合もありますので、いろいろなショップを探してみましょう。

アタッチメントタイプは、カッターの切れ味が悪くなったら、サイドカッターごと交換できるのも強みです。

ブラザーからは、純正のサイドカッターが発売されています。

ジャノメからは純正のものは出ていませんが、東洋精器などからジャノメ用のサイドカッターが発売されています。

サイドカッター以外に、ロックミシンでの裁ち目かがりも人気があります。

ロックミシンは、裁ち目かがり専用のミシンで、布地の伸縮に対応でき、厚い素材でも、薄い素材でも布がひきつれたり縫い目が飛んだりすることなく、きれいな仕上がりとなります。

家庭用ミシンの縫い目は、『本縫い』と呼ばれ、上糸と下糸が絡むことで、糸締まりのよい、ほどけにくい縫い目を生み出しますが、その特徴は裁ち目かがりの場合には、伸縮にとぼしいデメリットにもなります。

その点、ロックミシンは、『環縫い』と呼ばれ、4本などの糸で、強い糸締まりがない、布地の伸縮にも対応できるきれいな縫い目が特徴です。

サイドカッターは、強い力で布を裁断する機能を持つため、設置・操作のしかたなどによってはミシン本体を痛めることもあります。

注意をして取り扱うようにしましょう。