社会福祉士 通信教育

社会福祉士の受験資格

社会福祉士になるためには、(財)社会福祉振興・試験センターという厚生大臣が指定した指定試験機関が実施する「社会福祉士国家試験」を受けて合格しなければいけません。この国家試験を受験するためには、法律に定められた受験資格が必要です。福祉系の大学や短大を卒業していない人は、4年間の実務経験(指定施設における指定業務経験)があり、かつ養成施設などで通信課程(1年間)を修了すれば受験資格を得ることができます。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

通信教育などの勉強方法

社会福祉士の試験勉強の方法の一つに、過去問題やテキストを自分で購入してきて独学する方法がありますが、独学だとおさえるポイントがはずれてしまったり、学習計画がうまく立てられなかったりと、実際はなかなか難しいものです。

また、通学制という選択もありますが、社会人にとっては厳しいですし費用も通学制の方が高めの傾向にある上、指定の学校に受験で合格しなければならないという手間を考えると、あまり通学制のメリットはないように思えます。

そこで、手軽に学習できて受験資格も得ることができる通信講座が人気を集めているようです。

社会福祉士の通信教育で人気なのは、通信講座のデパートともいえる多彩な講座と長い歴史で定評のある「ユーキャン」でしょうか。

平成22年1月実施試験より科目数が全13科目から全19科目に変更されるとのことで、それに伴い、全面的な改訂を行なっているため現在一時講座が休止されていますので、当分は申込みできないようですが、ユーキャンの講座は基礎からしっかり学べるのでここでお薦めしておきます。

ユーキャンの社会福祉士講座は、持っている受験資格に合わせて、大学や専門学校で指定の科目をすでに履修した人用の総合コースと、指定の科目を履修済み且つ精神健康福祉士の資格を持っている人用の専門科目コースの2つが用意されている親切な設計。

ユーキャンの学習プランは、毎年1回行われる1月に焦点を合わせてプラニングされるため、学習計画もスムーズに行えます。

基礎を固めてから徐々にレベルアップしていき、過去問題などを含めて試験直前対策をするという効率的な計画により、ご自分の進捗状況に疑問を感じることなく自信を持って試験に臨む態勢作りができるでしょう。

また、福祉教育のパイオニア、日本福祉大学には通信教育部が設けられており、こうした教育機関の通信講座を受けるという手もあります。

日本福祉大学の通信教育では、インターネットを利用するのが特徴のようですね。