宅建 合格率

宅建の試験

宅建の試験は、年1回、通常10月第3日曜日です。試験内容は、土地の形質、地積、地目および種別 建物の形質、構造および種別、土地および建物の権利、権利の変動(法令)、土地および建物の法令上の制限、土地および建物の税に関する法令、土地及び建物の需給に関する法令・実務、土地および建物の価格評定 宅地建物取引業法及び同法の関係法令など幅広く、問題形式は四肢択一式50問で、解答はマークシート方式となっています。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

宅建の資格概要と合格率

宅建の正式名称は「宅地建物取引主任者」で、宅建試験の受験資格は、年齢、性別、学歴等の制限は一切ないので、誰にでも宅建への門戸は開かれています。

宅地建物取引主任者の資格を持っていると、不動産会社に対して、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う仕事に従事することができます。

なお、登録している都道府県知事から宅地建物主任者証の発行を受けなければ業務を行うことができないので、必ず登録の手続きを行いましょう。

資格の登録には、実務経験が2年以上なければいけませんが、登録実務講習実施機関が行う登録実務講習を受けることで、登録する権利を得ることができます。

登録実務講習を受けられる機関は、財団法人不動産流通近代化センター、株式会社東京リーガルマインド、TAC株式会社、株式会社住宅新報社、アットホーム株式会社、株式会社総合資格、株式会社水戸法律センター、株式会社九州不動産専門学院、株式会社辰已法律研究所、株式会社日建学院、株式会社週刊住宅新聞社、株式会社日本ビジネス法研究所など。

検索してみてください。

過去のデータから、宅建試験の合格率は15%前後と言われており、難易度は高め。

1950年代(当初は「地建物取引員試験」という名称)は合格率90%超だったそうですから、年々難易度が上がってきたと言えます。

合格基準点は、だいたい30〜35点の間で変動しているので、35点以上が合格ラインと言えるでしょう。

宅建の合否発表は、2005年より電話で確認できるようになったため、合否発表のために休暇を取る手間が省け、働きながらでも取得しやすくなっています。

宅建の学習は、通信講座を選択する人が多いそうです。

宅建通信講座のランキングを見ると、コストパフォーマンスのよい「フォーサイト」、通信教育最大手で安心感のある「ユーキャン」、問題演習重視の「クレアール」などが人気のようですね。