東芝 電気温水器

東芝電気温水器の仕組み

電気温水器とは、タンクの下にあるヒーターに電気を通す事によって中の水を温め、温められた水が上昇していきタンク全体の水を温めるという仕組みでできています。構造は大きな電気ポットに似ていて、温めたお湯を冷めることなく使う事ができます。電気代の割安な夜間帯を使ってお湯を沸かすので電気代も節約できます。電力会社には色々なプランがありますので、利用にあったプランを選ぶことでよりお得に使用できます。東芝の電気温水器には、家全体をまかなえるような大型タイプからキッチンなどに最適な小型タイプまで様々な種類があり、用途に合わせて選択できます。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

東芝電気温水器の製品情報

東芝の電気温水器には大きく分けて5種類あり、大きさや用途によって分けられています。さらにヒーターの数や付加機能によってシリーズ化されています。

屋外に置く大型タイプのオートシリーズや給湯専用タイプは、大容量のお湯を沸かすのに向いています。

最大で560Lの容量を持つ製品もありますので、大家族でも安心です。追い炊き可能なものもあり家をオール電化にするのに向いています。

マンションタイプは、その名の通りマンション内に設置できるものです。こちらも追い炊き可能なものもあり、容量も最大で460Lと大容量ですので、「マンション住まいだから無理」と電気温水器の導入をあきらめてた方に最適です。

これらの製品は便利で経済てきですが価格も数十万円と高価ですので、家庭の状況やかかる光熱費などをじっくり検討して選ぶ事が大切です。

他に大容量給湯システムというのもあり、これは業務用ですが560Lタイプのものを数台つなげて多くのお湯を使う現場にも対応できるシステムです。

中でも一番人気なのが手軽に設置できる小型のものです。これはキッチンや洗面所といった用途が限定されているものですが、水栓とコンセントがあればどこにでも設置できるという手軽さと火を使わない安心性で人気となっています。

値段も10万円を切るものが多いので導入しやすいと思います。

小さいものだとキッチンや洗面所下のスペースに置けますので、わざわざスペースを空ける必要もなく賃貸マンションでも導入が楽にできます。

購入に関しては配管工事等が必要となる場合もありますので、販売店の説明を良く見てください。

ネットで購入もできますので製品価格の他に工事費当の説明を忘れず見てください。

小型であれば自分で設置する事も可能ですが、大型になると見積もりが必要となる場合がありますのでご注意下さい。

電気温水器メーカーとしては東芝の他にも日立、三菱、パナソニックなどがあげられますが機能面ですぐれているので東芝製が人気です。

購入の際は各メーカーの使用を比較しながら検討してください。値段は同等の設定となっています。

 

痩身エステ 人気ランキング
体験エステやお得なキャンペーン情報をランキング形式で紹介中。

[更新情報]