幼児 習い事

幼児習い事の種類

幼児の習い事には、家庭学習、英語教育、音楽教育(リトミック・楽器・歌)、美術教育(折り紙・工作・絵画)、運動教育、ダンス、親子留学、など様々な種類があり、大きく分けると知育・発達・社会性などを目的とする知恵タイプと受験に対する要素の強い受験タイプの2つに大別されます。幼児教育の対象となる年齢は、0歳〜6歳くらいで、小さい頃は頭が柔軟なので、知識などの習得が早いですから、早めに始めるに越したことはないようです。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

幼児習い事の教室や通信教育

幼児の習い事は、教室に通わせる方法と、家庭で学習させる通信教育による方法があります。

まず、幼児教育についてですが、mikihouseの幼児教室は、全国の百貨店で展開されており、人気が高いようです。

「キッズパズル」プログラムでは、オリジナルの教材や欧米の知育遊具などを使い感性を養育し、教室の仲間と触れ合うことで社会性を養う他、日本語や算数の基礎、歌や遊びを通しての英語の学習など、楽しく学べる仕組みになっています。

「英会話くらぶ」は、ネイティブスピーカーの講師と、児童心理に詳しい日本人講師のコンビにより、英会話のスキルを磨くプログラムで、年齢別にクラスが分かれているのでレベルの違いで困ることもないようですね。

最近、幼児の習い事として注目を浴びているリトミックは、スイスの音楽教育家であるエミール・ジャック=ダルクローズによって考案した教育法で、自主性や音感の育成と情操の養成に最適であると言われています。

リトミック研究センターのサイト(http://www.r-kodomo.com/)では、幼児用の教室の検索ができますので、興味のある方はご覧になってみてください。

小学校受験を目指しているご家庭には、ヒューマンアカデミーやひとみ幼児教室などの、お受験専門の教室がお薦め。

ホームページには過去の合格実績などのデータもありますから、調べてみるとよいでしょう。

これらのような大きい教室ならば、体験授業があるようなので、色々な教室を巡ってご自分たちの目的やレベルに合った教室を選んでくださいね。

幼児の通信講座には、3歳〜小学校入学までを対象とし、年齢別に細分化されたコースが魅力の「はなまるきっず」(学研)、絵本、ドリル、ゲーム、パズル、ビデオなどを教材にした幼児通信講座の老舗「ポピー」(全家研)、全能教育でおなじみの七田式の通信コース、入会金無料で低料金がうれしいくもん式通信学習、英語・算数・言葉・絵本・図鑑・工作などをブロードバンドで学べるニュータイプの「ディズニーワンダーランド」など、多種多様な講座がありますから、色々資料請求をして比較してみてはいかがでしょうか。