幼児食 レシピ

幼児のおやつ

幼児は、3回の食事だけでは1日に必要な栄養がとれないことが多いので、おやつを取り入れた方がよいとされます。その際の摂取カロリーは、100〜200キロカロリーくらいにして、毎日規則正しくおやつの時間を決めておくとよいでしょう。おやつの材料は、野菜、果物、牛乳やヨーグルトなどの乳製品、いも類、パンやビスケット類などを上手に組み合わせましょう。All Aboutの「幼児食 おやつ」項目に役立つサイトがたくさん載っていますので、参考にしてみてください。

熟練職人が創る皮革製品専門サイト

栄養バランスの知識・市販の幼児食

幼児の食事は、1〜2歳児で必要摂取カロリーが1,000キロカロリー前後、活発に動く幼児では1,200キロカロリーとされています。

3〜5歳児になると1,300キロカロリー前後、6〜7歳児になると1,400キロカロリー前後となり、生活活動強度の低い成人女性とほぼ同等エネルギーが必要となります。

幼児は体が小さいですから当然胃も小さく、そんな中でこれだけのカロリーを摂るということは、少量でも相応のカロリーを摂取できるだけのメニューを考える必要があります。

食事だけで必要カロリーを摂取できない場合は、先述のとおり、おやつを取り入れるとよいでしょう。

主要な栄養素別に見ますと、脂質所要量については、幼児は、エネルギーに対しての脂肪エネルギー比率が大人より高いので、成人ではあまりよくないとされる揚げ物などは適度に食べるようにしましょう。

太ることを心配される方もいるようですが、子供にとっては適度な油分は必要です。

タンパク質の所要量ですが、これも成人より多めの割合で摂取しなければなりません。

これまた大人にとってあまりよくないとされる肉類も、子供にとっては不可欠なものとなりますので、肥満を気にするあまり控えさせる、ということはご法度です。

注目度の高いカルシウムですが、これは大人とほぼ同量程度の摂取が望まれます。

これは、普通にヨーグルトや牛乳などを与えれば簡単にクリアできるのではないでしょうか。

共働きの夫婦も増え、家事の簡素化を図るご家庭も多くなってきたようで、最近では、色々な幼児食が出回っていますね。

ここでいくつかご紹介します。

まず、グリコの幼児食。

バラエティに富んだ食事が魅力の「1歳からの幼児食シリーズ」とさまざまなサプリメントが揃う「幼児はじめてケアシリーズ」があり、人気が高いようです。

その他にも、キューピーやベネッセなどのメーカーからも幼児食が出ていますので、忙しいお母さんはこういったものを利用するのも一つの手ですよね。

栄養バランスにも優れているのでお薦めです。